打球が伸びる人と伸びない人の”違い”をあなたは知っていますか?


⇒ ユウキが簡単に飛距離を伸ばすことができた練習方法はコチラ  

飛距離を伸ばす3つのポイント

バッティング

 

飛距離を伸ばせないと、ホームランは夢のまた夢ですよね。

 

 

たった3つのポイントを守るだけで…

飛距離を伸ばす最大のポイントは、ボールに最大のパワーを
伝えることができるかです。

 

 

そのために必要なことは、

  • 筋力をつけること
  • 飛距離を伸ばすスイングをすること
  • パワーが伝わる体の回転を身につけること

です。

 

筋力をアップする

まず、飛距離を伸ばすためには、筋力が必要です。

 

 

それは、腕力だけでなく、背筋であったり、握力であったり、下半身の
筋力であったりします。

 

 

これについては、次のページで詳しくお話ししますね。

 

アッパースイングを究める

次に、スイングですが、アッパースイングで打つことに
挑戦してみましょう。

 

 

というのは、アッパースイングで打つということは、ボールの下をバットで
叩くことになります。

 

 

そうすると、ボールに逆回転がかかり、ボールが浮き上がります。
つまり、飛距離が伸びるわけです。

 

体の回転をスムーズに

次に、体の回転ですが、軸足のつま先、後ろ膝、腰、右肘、グリップを
一気に回転させるようにします。

 

 

腰の回転にまかせて、勢い良く回転させます。

 

 

これにより、ヘッドスピードが速くなり、ボールにパワーを伝えやすく
なります。

 

 

速く回転させることに集中して、頭も動かさないように注意しましょう。
目はボールをしっかり見るようにします。

 

 

そして、インパクト後のフォールスルーでは、手首を無理に返さずに、
最後まで大きくしっかりと押し出すようにします。

 

 


 

元プロ野球選手が教える打撃力アップ法


たった7日間で飛距離がグングン伸びた
元西武ライオンズのスラッガーが教える
スラッガー養成プロジェクト

>>  公式サイトはこちら
>>  ユウキのレビューはこちら

飛距離を伸ばす3つのポイント関連エントリー

バッティングに必要な筋肉
手首(リスト)の使い方
軸足について
肩の動き