打球が伸びる人と伸びない人の”違い”をあなたは知っていますか?


⇒ ユウキが簡単に飛距離を伸ばすことができた練習方法はコチラ  

手首(リスト)の使い方

バッティング

 

バッティングのフォームを気にしても、意外と忘れられがちなのが、
手首(リスト)の使い方です。

 

 

タイミングによってリストの角度は異なる

あなたは、普段、バッティングの際、手首を意識したことがありますか?

 

 

ボールの飛距離を伸ばすためには、手首の使い方が重要なポイントです。

 

実は、「インパクトまでの手首の角度」「インパクトの瞬間の手首の角度」は違います。

 

「インパクトまでの手首の角度」

インパクトまでは、ヘッドスピードを速くするための方法を考える必要があります。
そのために、構えからスイング始動時に、左手首を背屈させておくことです。

 

 

というのも、インパクトの瞬間までバットが水平にならないようにすれば、
インパクトまでヘッドが最短軌道を通りやすくなります。

 

 

また、手首が折り曲がっていない(反っていない)方が、
自然に力を入れることができるからです。

 

手首(リスト)の使い方

 

「インパクトの瞬間の手首の角度」

そして、インパクトの瞬間は、右手首は、手の平が上を向いている角度にします。
左手は、右手を覆うようなイメージです。

 

 

このとき、右ヒジは、90度になっていることが理想です。

 

手首(リスト)の使い方

 

 

こうすることで、右脇が締まり、強いインパクトができ、更に、インパクトの後の
大きいフォローもしやすくなります。

 

 

スイングで、回転と同時に、右ヒジを体に引きつけるようにします。
これにより、バットの遠回りを防ぎ、また、下半身の力と連動して強いスイング
がしやすくなります。

 

 

特に、スムーズにバットが出ない人、バットのヘッドが真っすぐに出ない人は、
手首(リスト)の使い方が間違っている場合が多いので、意識してみましょう。


 

元プロ野球選手が教える打撃力アップ法


たった7日間で飛距離がグングン伸びた
元西武ライオンズのスラッガーが教える
スラッガー養成プロジェクト

>>  公式サイトはこちら
>>  ユウキのレビューはこちら